プロフィール

車のリペア職人のプロフィール

 

当ブログを訪問していただきまして、ありがとうございます。

練馬区を拠点に、ホイールリペア、車内装リペアを中心に車の内外装を修復するサービスをご提供しています。

新車を購入しても、運転していれば傷をつけてしまったり、運転しなくとも汚れたり錆びたりなど・・・
何かしら車を傷めてしまうものです。

しかし、車好きな方なら傷を修復したい綺麗にしたいという思いがあると思いますので、当ブログが参考になれば嬉しいです。もし、ご興味があれば、当店ホームページ  もご覧ください。

 

【ブログ管理人】

名前  :はたなか かずお
生まれ :1969年 生まれも育ちも練馬区です。
仕事  :トータルリペアハウント 代表

 

【店舗情報】

名称トータルリペアハウント
代表畠中 和男
所在地〒178-0062 東京都練馬区大泉町3-4-4
TEL080-3209-6941
URLhttps://www.tr-haunt.com/
事業内容車のホイールリペア・コーティング
車の内装リペア(レザー・樹脂など)
車のボディ磨き・コーティング
板金塗装・整備(協力店)
アクセス出張施工、引取、納品などで外出することが多いため、ご来店いただく際には、事前にご連絡をお願い致します。
TEL. 080-3209-6941

 

 

車好きのシステムエンジニアが脱サラ

リペア職人の前は、車好きの普通のサラリーマンでした。その私がサラリーマン時代から脱サラして個人事業主になるまでの経歴を簡単にまとめてみました。

 

 1998年3月~1993年7月

大学進学か、それともコンピューター関係の専門学校か?

迷った結果、大学を受験しましたが・・・
当時の偏差値では無理だった学部・・・理工学部だったかな?

成績は意外?と良い方だったので、学校の担任教師からは大学受験で土木科を勧められたんですよ。
でもね、コンピューター関係の仕事に就きたかったんですよね~
あとから思ったのは・・・土木科ってことは・・・建築にも興味あったので、建築家ってのもアリだったな・・・と思ったりして

そして、大学受験は・・・
予想通り見事に落ちて、コンピューター関係の専門学校に入学です(とりあえず、おめでとう)
もうね、試験中に問題を見て「あ~、全然わからね~や」となっていて、「早く試験時間終わらねーかな」と暇していたような(笑) そんな訳で、合格発表見る前から結果はわかってましたよ。

正直なところ、大学受験は記念に受けたようなものです(えと、負け惜しみではないですよ(笑))

そして、コンピューター関係の専門学校を卒業後、システム開発会社に就職。

この頃は、まだ、今のようなネット社会ではなく、インターネットすら無かった時代。会社では、書類作成で、見た目がパソコンみたいなワープロ専用機が使われていたころ。

「COBOL」というプログラム言語でプログラムを書いており、販売管理システムなどの基幹システムの開発に携わっていました。

 

 

 1993年9月~2019年2月

システム開発会社に就職して、ガリガリプログラムを書いて、客先に出向きテスト・・・

当時は、「24時間戦えますか、ビジネスマ~ン、ビジネスマ~ン」なんてテレビコマーシャルが流れている時代です。まあ、気合と根性の昭和生まれだし、システム関係の仕事ですからね、残業は当たり前、ハマったプロジェクトでは、毎日深夜残業、毎週末徹夜・・・なんて生活も普通。

それでも、まだ20代前半でしたからね、楽しくやっていましたよ。

バブル崩壊後、今まで使用されていた汎用機からパソコンが主流になり・・・
今までの仕事が減り・・・
先が不安になり・・・

開発会社から企業のIT部門に転職です。

運送業界の会社に約11年、医療業界の会社に約13年在籍し、社内SE職に携わっていました。因みに、この頃は、VisualBasicとOracleを独学で勉強して、ちょっとしたデータベースアプリを作りました。部署異動もあり、簿記3級も取得しました。

 

 

 2019年3月~

約13年務めた医療業界の会社で、長年の不満が爆発!

多くは語りませんが・・・よくある内容ですかね。

そんな訳で転職活動しているころに、購入して3ヶ月のアルミホイールにガリ傷を付けてしまいました~

ネットでリペアを探していたところ、現在の仕事のキッカケになるフランチャイズ本部と出会いました。

1年間悩んだ結果、車が好き、きれい好き、マメな性格、50代に突入という年齢的タイミング、元号が「令和」に変わるな年など、いろんなことを理由に、残りの人生を新たな環境でスタートすることを決意したわけです。

そして、本部で数か月研修後、技術試験も合格し、2019年8月にカーリペア業を開業しました

 

 

 

車歴のご紹介
次は、私の愛車歴をご紹介しますね。
年代、車のスペックなど、昔の事で記憶が曖昧なところもありますので、間違った記載があったらごめんなさい。
  1台目 1988年
車種TOYOTA コロナ GT-T
基本スペック1.8リッター直4DOHCターボ、駆動FR、ミッションMT
主な仕様HKSマフラー、エアクリーナー、GABショック&サス、RSワタナベ+YOKOHAMA M3
当時の思い出19歳の時に車の免許を取って、はじめて買った車です。

本当は赤黒ツートンの鉄仮面スカイライン(R30)が欲しかったですが、当時の私には高くて買えませんでした(涙)
赤黒ツートン鉄仮面スカイラインが欲しかったのは、間違いなく『西部警察』の影響(笑)

とは言え、なかなか速かったです。当時、車検対応パーツが出始めの頃で、このHKSマフラーは車検非対応品。マフラー交換の効果でブーストアップされたのでしょう…恐らくリミッターが働き、記憶では3000回転以上回らない(汗
この対策で、エンジンルームのある部分を小細工すると、この問題が解消されました。
さすが、昭和の車(笑)

 2台目 1990年
車種NISSAN スカイラインGTS-t タイプM
基本スペック2.0リッター直6DOHCターボ、駆動FR、ミッションMT
主な仕様HKSマフラー(+フロントパイプ)、RS-Rダウンサス、マインズROM、EVC、エアクリーナー、ブローオフバルブなど
当時の思い出前の愛車コロナGT-Tの車検が近づくころ、ひとつ悩み事が・・・その車検の事です。コロナに装着したHKSマフラーは車検非対応品で、交換前の純正マフラーは廃棄済み。

そのころ、日産からは新型スカイラインが発売されている。R32スカイラインです。もう、毎週末ショールームに通っちゃいました(苦笑)
最終的に、コロナは車検継続せずに、とうとう2台目にして新車!憧れの車が手に入る!

毎週土曜日の夜は、奥多摩、首都高などを地元の仲間とドライブ・・・ドライブ?(笑)
恐らく・・・傍から見たら〇〇族にも見えたかもですね。因みにルーレット族とか、峠族という言葉は無かった時代です。お金が無くて、タイヤのワイヤーが見えるまで使っていたこともありました(;^_^A

 3台目 1992年
車種HONDA インスパイア
基本スペック2.0リッター直5SOHC、駆動FF、ミッションAT
主な仕様ノーマル
当時の思い出そろそろ落ち着いて、走り屋さん卒業と思いました・・・

車歴初の4枚ドアです。デザインが気にって購入しました。室内は広く、デザインも良かったです。この車は、直列5気筒なんですよね。しかも、DOHCではなく、SOHC。直4でもなく、直6でもなく、なんか珍しい。

 4台目 1992年
車種日産180SX
基本スペック2.0リッター直4DOHCターボ、駆動FR、ミッションMT
主な仕様A’PEXi のメガフォンマフラー
当時の思い出前の愛車インスパイアですが・・・3ヶ月でオートマに飽きてしまい、どーしても、左手と左足が寂しくなりました(苦笑)

そんな訳で、次は180SXを買ってしまう。もう、親は呆れていました。車の相性ですが、この4気筒の瞬発力は、6気筒よりも性格的に合っていたかも。

 5台目 1994年
車種SUBARU レガシー
基本スペック2.0リッター直4DOHCターボ、駆動4WD、ミッションAT
主な仕様ノーマル。社外アルミホイールくらい(メーカー忘れ)
当時の思い出友人に誘われスキーをはじめたこともあり、車歴初の4WDです・・・

今ではAWDって言うのかな。AWDという言葉を使い始めたのは、確かスバルですよね?
※AWD=All Wheel Drive(全輪駆動)

レガシー買ったはいいが、殆ど先輩パジェロの助手席だったので、自分でレガシーを運転してスキーに行ったのは、確か2回くらい(笑)

確か、2年以内で、セルモーターは回るけど、エンジンがかからない現象・・・すごくガス臭かった ( ゚Д゚)
ディーラーで点検しても原因不明でお手上げ。信号待ちで回転落ちてエンジン止まる現象もあり。

原因不明のエンジンがかからない現象がある車で、信号待ちでエンジン止まるって焦りますよ。

 6台目 1995年
車種TOYOTA ハイラックスサーフ
基本スペック3.0リッター直4OHCターボ、駆動4WD、ミッションAT
主な仕様カーナビ、カーオーディオ、吊り下げ大型スピーカーなど娯楽仕様
当時の思い出前の愛車レガシーの原因不明エンジンストップが解決されず、とうとう買い替え。

当時、三菱パジェロが人気で、「パジェロミニ」がデビューした時には生産が間に合わず、中古車市場で高騰取引された時代です。ハイラックスサーフは上位モデルを購入したので、シートはRECAROですよ。シートポジションが乗用車っぽいので、ついスポーツ走行になってたりして(苦笑)

当時はスキーにハマっていたので、殆ど毎週スキーでした。

 7台目 1997年
車種MITSUBISHI レグナム VR-4タイプS
基本スペック2.5リッターV6DOHCターボ、駆動4WD、ミッションAT
主な仕様ノーマル
当時の思い出この頃になると、スキーも冷めてきたころ。RV車人気も落ちてきてミニバンブームに入ったころかな?

そんな時、偶然、車雑誌で、この車を見た時に衝撃が・・・

あの、いかつい顔、男前の顔に惚れてしまった(笑)
AWD2.5リッターで、確かツインターボだったと記憶していますが、電子制御の足回り(AYC)の性能には感動と驚きでした。限界高く、多少無理な運転でも全く怖くない性能が、違う意味で怖い(笑)

 8台目 1997年
車種NISSAN プリメーラ
基本スペック2.0リッター直4DOHC、駆動FF、ミッションAT
主な仕様ノーマル
当時の思い出結婚することになりまして・・・

買ったばかりのレグナムは売却し、売却金が次の愛車プリメーラと婚約指輪になりました(笑) インスパイアに続いて、短期間の愛車でした。

ターボなし自然吸気ですが、180SXと同じSR20エンジンですよ。ノーマルの足回りが、これまた良い足しており、見た目はおしゃれな4ドアですが、その気にさせる走りを見せるクルマでした。

 9台目 1999年
車種MITSUBISHI レグナム VR-4タイプS
基本スペック2.5リッターV6DOHCターボ、駆動4WD、ミッションAT
主な仕様ノーマル
当時の思い出まさかね・・・

結婚後、前の愛車レグナムを忘れらず(苦笑)、中古でまた買ってしまった(;^_^A
車歴の中で、同じ車を購入したのは、このクルマだけですね。

あ~ あと、このクルマで・・・はじめてオービスで記念撮影されて、スピード違反で免停になりました(申し訳ございませんm(__)m )。意外と違反は少なかったんですがね。

 10台目 2004年
車種TOYOTA アルファード
基本スペック3.0リッターV6DOHC、駆動FF、ミッションAT
主な仕様スポーツマフラー(メーカー忘れ)、アルミホイールくらい。
当時の思い出前の愛車レグナムが不調で・・・リコール祭りの車でした。

そんな中、このまま運転するのも不安だし、子供×2なので、ファミリーカーとして購入したのが、このアルファード10系初期型です。私が車を買い替えるタイミングって、欲しい車が、マイナーチェンジまたはフルモデルチェンジ直前が多いので、値引交渉が楽でした。

このクルマが一番長く乗ってましたね。今までは、2、3年以内で違う車に変わっていたので、結婚するまでは車検って未体験でした。

 11台目 2016年
車種TOYOTA クラウンアスリート
基本スペック2.0リッター直4DOHCターボ、駆動FR、ミッションAT
主な仕様ノーマル。アルミホイール(レイズ ホムラ)くらい。
当時の思い出子供も大きくなり、家族一緒にどっかに行くことも減り、「いつかはクラウン」(CM)の年齢にもなったので買い替え。

こちらのクラウンは210後期で、フルモデルチェンジが噂されたころに購入しましたが、しっかりと翌年に220クラウンがデビューしていましたね。

10年以上ぶりの新車でした。最近のクルマの性能にカルチャーショックでしたよ。
ボディ剛性良すぎだし、最近のターボ車は下から上までスムーズに回転しますね。このエンジンは後に、レクサスNX、ハリアーにも使用されましたね。
7速ATもグッド!

 12台目 2019年
車種SUZUKI エブリイバン
基本スペック直3DOHCターボ、駆動FR、ミッションAT
主な仕様仕事車のためノーマル・・・でも、そのうち、いじるかも(笑)
当時の思い出車歴初の軽自動車です。やっぱり、ターボ車を無視できずターボ車を購入。キビキビ走り、街中ならいい感じに走ります。軽自動車って楽ですね~ もう、原チャリ感覚で使ってます(笑)

因みに、クラウンアスリートはプライベート用として手放しておりません。休みの日は、ぷらぷら走っています。

 13台目 2023年
車種トヨタ シエンタ ファンベースG(170系)
基本スペック1.5リッター直4DOHC、駆動F4、ミッションCVT
主な仕様今のところドノーマル(アルミホイールくらい)
コメント自宅を引っ越すことになり、久しぶりに駐車場を借りることになりまして・・・
さすがに2台分の駐車場を借りるのはコストがかかるため、歴代11台目、12台目のクラウンアスリート、エブリイバンを売却し、営業車両兼プライベートとして選択したのがこのシエンタ。

第一印象はとくにかく「かわいい~」

荷物も積めるし、街乗りではそれほど不満は無いですが・・・
高速道路ではちょっとパワー不足で不満(;^_^A
気になるのは、Aピラーが邪魔で個人的に気になるところ。あと、ミッションがCVTのクルマはお初ですが、うまく説明できませんが、なんかイマイチ。

とは言え、仕事でも使うし普通に走る分には問題なしです。

 

 TOPへ
 当店ホームページへ